毎日5分英文法問題集 > shouldとought toを極める > suggest that + should

毎日5分英文法 ★無料メルマガ★
毎日5分!英文法で
英会話トレーニング

毎日5分英文法問題集

suggest that + should

問.以下の文を日本語に訳しなさい。


He suggested that we should go there together.


解答は10行下にあります。







【解答】


He suggested that we should go there together.
「彼は、私達が一緒にそこへ行くことを提案した。」


【解説】


まず、問題文の訳し方を解説します。


問題文のthatは接続詞で、後ろに節(主語と動詞の組からなる 文章)を伴い、「〜(という)こと」という意味になります。


よって、that we should go there togetherの部分の日本語は、 「私達は一緒にそこへ行くこと」となります。


また、that以下の部分(that節)は、He suggested「彼は提案 した」という文の目的語(動詞の後ろで「〜を」に当たるもの) になっています。


この場合、that節は「何を」提案したのかを表しているため、 目的語であると考えられます。


そして、助動詞のshouldには、以下の2つの意味があります。


義務:「〜すべきだ」
当然の推量:「〜のはずだ」


ところが、義務や当然の推量の意味を持たなくてもshouldを用 いる場合があります。これについては以下に解説します。


この問題文は、shouldを義務の意味「〜すべきだ」を用い、以 下のように言えなくもありません。


「彼は、私達が一緒にそこへ行くべきであると提案した。」


しかし、義務や当然の推量の意味でなくても提案、主張、要求 を表す動詞の後に置かれるthat節中ではshouldを用いるという 定義があります。


提案、主張、要求を表す動詞とは、suggest「提案する」、ins ist「主張する」、demand「要求する」などです。


例えば以下のような文だと「べきだ」や「のはずだ」と訳しま せんが、that節中でshouldを用いなければなりません。


I demanded that he should pay money.
「私は、彼にお金を払うように要求した。」


この形で用いられる時、shouldは特別な意味を持つ訳ではなく、 ただ置かれているだけと考えた方がよいと思います。


shouldを付けるのはイギリス英語で、アメリカ英語だとshould は付けず、以下のようにthat節中で動詞の原形を用います。


I demanded that he pay money.
「私は、彼にお金を払うように要求した。」


主語が三人称単数(He)ですが、paysではなく、アメリカ英語 では原形のpayになるので注意が必要です。


なぜ?と考えず、この表現は熟語のように暗記するようにしま しょう。


sponsored link

<<It is 形容詞 that + should | outht toとshould[義務]>>



Powered by さくらのブログ